目的のために手段を最適化する浮気調査~求める結果が復縁か離婚かによる違い

こんにちは。浮気調査興信所株式会社スタッフです。

興信所や探偵事務所は数多くあり、どの事務所も特徴を持っています。経験豊富なスタッフ、価格が安い、調査が早いなど。

当社の特徴の一つは、目的に応じて手段を最適化するということです。簡単に言えば、調査の未来に求める結果が、復縁か離婚かによって、調査手法やプロセスが違ってくるということです。

まずはご依頼主様の要望、浮気不倫の現状、お悩み等をヒアリングし、探偵とスタッフで浮気調査の方針を立てます。

調査そのものはほとんど同じ

まず調査手法そのものは、結果のいかんにかかわらず同じと言えます。

まずはご依頼主様の要望、浮気不倫の現状、お悩み等をヒアリングし、探偵とスタッフで浮気調査の方針を立てます。

お見積もりを提出し承諾いただいたら、次に、その方針に従って浮気調査を行います。探偵による張り込み、尾行、写真撮影などをベースに、ご依頼主様のご協力を得てGPS操作や会話録音等を行うこともあります。

なぜここまで同じかと言うと、求める結果がどうであれ、浮気や不倫のありのままの現状をつかむことが何より重要だからです。そこに虚偽や思い込みがあってはなりません。

また注意していただきたいのですが、当社では決して違法な調査は行いません。

そして結果を元に、次のステップに移ります。

 

復縁を求める場合

復縁を求める場合は、まずはご依頼主様が浮気調査結果を直視し、受け入れるところから始まります。

その過程では、怒り、葛藤、絶望などの感情が入れ替わり訪れます。それらを乗り越えて復縁に結びつけるために、当社スタッフがメンタル面でのサポートを行います。いわば、「悲しみを乗り越えて」幸せをつかむための、手法や考え方についてサポートします。

復縁を求める場合に共通していることは、浮気している夫や妻の感情が一時的であること、また夫婦双方に、まだ相手を愛している感情が強く残っている場合です。

復縁までの道のりは平坦ではありませんが、当社スタッフや契約カウンセラーが親身にご相談に乗ります。

 

離婚を求める場合

離婚前提の浮気調査の場合は、浮気調査から可能な限り裁判に有利な状況をピックアップします。反対に離婚前提の浮気調査の場合は、浮気調査から可能な限り裁判に有利な状況をピックアップします。それらを元に、裁判で使える資料を作成します。

ただし日本において裁判離婚は全体の1%ほどで、絶対数としては少ないです。離婚総数の90%は協議離婚ですが、その場合であっても相互で話し合って決める慰謝料や養育費の有無・金額を決める有利な材料とすることができます。

同じ浮気調査結果であっても、復縁を求めるか離婚を求めるかによって、これほど手法は違ってきます。

そしてこれらを可能にしているのは、当社の優秀なスタッフです。

浮気調査でお困りなら、ぜひとも浮気調査興信所株式会社にご相談ください。