浮気調査は自分だけの判断で行動してはダメ!

浮気調査は自分だけの判断で行動してはダメ!
その道のプロに任せて調停や裁判でも使える証拠をとりましょう!

浮気調査のケースはいろいろ!依頼人にはそれぞれのドラマがある!

浮気調査を依頼する人にはそれぞれが抱える問題があり、家庭の事情があります。
熟年になってから若い異性と恋愛に目覚めてしまったり、モテ男、モテ女だった人が常習的に浮気をしたり。

家のローンが残ってる、子供が成人してない、もともと家庭が崩壊状態だったなどなど。
依頼する人の多くは、パートナーの浮気を疑ってからまず自分で何とかしようと計画するでしょう。

さらに、時間がたてば元通りになると思って、浮気を見て見ぬフリをする、あるいは最初から問い詰めて反省させるかもしれません。
浮気問題を抱えた場合は、まずは誰かに相談することが大切で、相談できる相手は「ゼッタイに秘密を守ってくれる信頼できる人」に限られます。

依頼のエピソードの中には、この「相談する」「信頼できる人を見つける」ということができず、1人で抱え込んでしまって、思わぬ事態に陥るケースがあるのです。
いずれにしても、自分で解決できるケースもあれば、もうムリ!と思って探偵事務所や興信所に相談するケースもあります。

実際の浮気調査のエピソードや依頼の内容を知ることで、自分に当てはまるケースがみつかるかもしれません。
探偵事務所・興信所の調査員が実際に体験している浮気調査を知ることで、「自分と同じ悩みを抱えている人がいる!!」と思うことができ、気持ちが軽くなるでしょう。

1人で解決しようとせずに相談を!そのとき伝えるべきこととは

パートナーが不倫してる!または不倫してるかも!?と思ったとき、気の強い性格の人ならすぐに問い詰めて白状させてしまうでしょう。
すでに家庭が崩壊状態にあって、パートナーも開き直って不倫相手と会っているとなれば、離婚を考えて「取れるものは取る!」と計画する人もいます。

「浮気してるのかな?」と思っても手がかりもなく、相手を気遣ったり、夫婦の信頼関係を壊したくない場合は、問い詰めることもできないこともあります。
夫婦間ですぐに解決できない状態なら、「誰に何を相談すればいいか」を考えなければいけません。

浮気問題で離婚を視野に入れた場合は、デリケートに対応する必要があるのです。
法的な問題が含まれてくるので、長期的かつ慎重に対応して証拠をとっていくのが正しい対処といえます。

落ち着いて理路整然と自分の状況を伝えれば、不倫相手にもパートナーにもどう対応すればいいかわかるはず。
探偵事務所のスタッフや信頼できる友人・知人など、相談するポイントを押さえて言葉にすれば、問題が解決するとともに、自分の気持ちも解放されていくでしょう。

浮気調査は感情的になって視野が狭くなりがち。自分だけで解決!は要注意

夫婦の問題なんだから自分だけで解決!は要注意です

不倫相手のことをつきとめたり、感情的になってパートナーに問い詰めたりすると、思わぬ落とし穴にハマってしまうことがあります。
実際に自分だけの判断で調査した結果どんなことになったかを知ることも大切でしょう。

浮気調査はとかく感情的になって視野が狭くなりがちです。
その状態で自分がとった行動が法に触れることになったり、逆に相手から訴えられることになったりするのです。

調停や裁判まで視野に入れると、やはりプロに任せるのが間違いない方法。
実際にトラブルに発展したケースを知ることで、感情的な自分の気持ちに歯止めをかけたり、冷静さを取り戻していくきっかけになります。

浮気調査はプロのスタッフによる地道な調査が必要で、我慢の長期戦を覚悟しなければいけません。

やっぱりプロの調査員に任せよう!そう思ったら探偵選びを!

自分で考えた末に「やっぱり探偵事務所に依頼してみよう」と決断した場合。
じゃあどうやって探偵を選んだらいいの?という疑問が湧いてくるはずです。

探偵事務所や興信所と聞くと、ちょっとダークなイメージがあったり、高額な料金をかけて意味があるのか?という思いがよぎるはず。
確かに、中には探偵の名前を名乗る悪徳業者がいたり、経験不足の素人が調査したりということもあります。

そんなトラブルを避けてきちんと料金に見合う結果を出してくれる探偵事務所・興信所を選ぶにはポイントがあるのです。
ホームぺージの見方から、依頼するときの条件までをきっちり理解すれば、自分に合った探偵事務所を選択することができるでしょう。

調停や裁判で使える証拠をガッチリとるには経験豊富な調査員に任せれば安心です

浮気調査で証拠をとるには、経験豊富なプロに任せるのが安心です。

 

浮気調査で証拠をとるには、「どんなことが証拠となるか」という知識はもちろん、撮影や尾行に関する技術も必要です。
これをすべて自分だけでやろうと思ったらお金もかかるし時間もかかる、人にも協力してもらわなければいけません。

自分だけの調査には当然ながらリスクも伴うので、やっぱりプロに任せるのが一番でしょう。
離婚を考えて、相手に慰謝料を請求したり、養育費の支払いや大切な子供の親権などが絡んでくれば、法律でケリをつける必要があります。

話し合いだけで済ます協議離婚だと、後で約束が反故されることがあり、のちのトラブルに発展する可能性大です。
結果的にパートナーの浮気したもん勝ちになってしまい、不倫相手に負けてしまうようなことに。

確実な証拠があって法律で決着をつけられれば、相手に責任を追及できるでしょう。
浮気問題にケリをつけるには、探偵事務所・興信所の調査員に任せるのが一番です。